ジャンバーをかけた時の匂い

加齢臭というよりも、もっと限定して見た場合、体臭が感じられるのです。

食生活を見直すと治ってくるという話をしましたが、やっぱり忘年会や新年会の時期になると暴飲暴食とまでいかなくても、肉をとる食事になってきますね?

そうなってくるとやっぱりにおいが出てくるのです。

加齢臭とはよく言ったもので、歳をとってくると本当ににおいが感じられる。

これは本当に気分の悪いものです、

しかも体臭として存在するのがたまらなく嫌です。

それが感じ取るのは自分の体からにおいが発するのならまだしも、

自分では分からないことが腹が立つのです。

ではどのようにして自分の体からにおっている、つまりくさいと感じ取れるかといえば、来ている服を洋服ダンスにかけたときにぷーんと匂ってくるのがたまらないです。

男の人なら肉体労働などをしていて、汗をかいてそれがにおうならわかるのです。

しかし私の場合は別に汗をかくような仕事してるわけでもないにもかかわらず、ジャンパーやコートをたんすにかけたときに匂ってくるときは、自分自身でいやになります。

まして香水などをふりかけて大衆と混ざると耐えられるものではありません。

これってクリーニングに出した時の店員さんなんか、「なんだこの人は?」と

思うでしょうね。

だから余計にクリーニングに出すの億劫になってしまいます。

本当にどうしたらいいのでしょうね。

毎日シャワーをたっぷり浴び続けているのですけれども、体臭だけは治りませんね。

 

 

 

 

プラスアルファの対策を

でもね。私あることに最近気づいてきたのです。肉中心の食生活を見直せば加齢臭もきっとなくなると思っていたのです。

これはむしろ当たっていると思うのです。

実際ににおいはなくなってきているのですから。

でもデリケートゾーンの匂いだけはなぜか取れないのです。

野菜中心の生活をしていて、本当に体からにおいがなくなったということが私自身も感じ取れていますし、

他の方に聞いてみてもにおいなんて全く感じないよと言われるようになりました。

これはすごく嬉しいのですが、全く変わらないのがデリケートゾーンのにおいなのです。

トイレに行った時ナプキンをかえたりするとこのデリケートゾーンだけが本当ににおってくるのですぐにわかります。

どちらかというと単純ににおいだけならそれほど気にならないですし、それこそ香水をふりかけておけばすむ話なのかもしれませんが、

そういった抑制するにおいだけで済むのではなく、どちらかというとお魚屋さんにいるかのような腐った魚のにおいですので、これはたまったものではありません。

本当に自分じゃなければいいのにと思うほど、嫌なにおいを感じられるのです。

食生活と関係ないのかしら?

もしくは関係あるのかしら?

はっきり言ってへこんでしまいます。

だって対策のたてようがないのですから。

においのしないものを食べるというだけではなく、プラスアルファ頑張っていかなければならないということですよね?

これって本当に辛いです。プラスアルファ頑張っていかなければならないということですよって

 

 

誰か良い解決方法知らないかしら。

 

 

 

肉中心の食生活

言ってしまえば食生活を見直す のがいちばんよいのです。加齢臭、加齢臭と叫んでみても、またはそれに対して強い香水をふってみても、体の内側から発するにおいは抑えることができません。

最近では良い商品がでてきて、体の内側から匂いを消してくれるものはありますが、解決にはなっていません。

やはり体の内側からしっかりと解決していかなければならないのです。

そのためにこの前にも書きましたが、食生活を見直すということが大事になってきます。

和食中心の食事にすればいいのですが、何と言っても根本的に体の強烈な臭いの原因は肉中心の食事ですよね。

今ではお肉を食べなければいけないと言う位肉を中心とした世界に変わってきています。

そのおかげで私たちは長生きしているのですから、決して悪いわけではありません。

ニオイをとるのか寿命をとるのかといえばどうしても寿命をとるに違いありせん。

ですので肉をとりながらニオイ対策もしなければならないという、ある意味矛盾したことをやっていかなければならないのです。

そこで1週間にどれぐらいお肉をとればニオイが出てくるか、またどれぐらい肉を食べなければ、でてこないのかということをチェックするといいかもしれません。

お酒を飲むのをやめる休肝日ではありませんが、そういった点も調べてみると面白いかもしれませんね。

特に男性の場合は加齢集が強くなるといいますので。歳をとってくると。

女性のこの点しっかりとチェックしていかなければなりませんよね。

以降食べなければ

 

食生活を見直そう。

加齢臭対策商品がないとするなら、自分自身で考えていかなければなりません。

 

ではどのようなもの使って、加齢臭対策をしていけばいいのか、調べなければいけません。

何から始めようかしら。

うまくできるのかしら。

そればかりが頭の中に駆け巡ります。

そして私が思いついたのは何かと言えば、料理なのです。

食事をしているときに私のできることといえば家事の料理・掃除・洗濯です。

そしてこの料理こそが加齢臭対策できる1つのキーワードになるのでは無いかと思ったのです。

最近の食生活は欧米化したので、体臭もヨーロッパの人やアメリカのような人たちと同じようなにようになってきているという話を聞きました。

となると、やはり彼らと同じ食生活していると体臭がきつくなると考えたのです。

つまり今までの日本人の食生活に戻せば少なからず加齢臭対策ができると思いました。

うまくいくかどうかわかりませんがまず外食を辞めました。

外食はどっちかというと若者向きで作られていたり、欧米風の食生活になってしまいますので。

いくら和食のものを選んだとしても、やはり味付けは若者向きになっているはず。

だからこそ出来る限り家の中で食事を行うようにこころがけます。

そして食べるものもできるだけ質素に昔ながらの食事にしています。

魚を中心、野菜を中心とした食生活に変えることで変わってくると思ったのです。

すぐには変わらないということは百も承知です。でもそれだけ体質改善ができていると思い、これからも続けます。

女性の加齢臭対策を

昔コマーシャルで「綺麗なお姉さんは好きですか?」という台詞がありました。

でも、「臭いお姉さんは好きですか?」だったらダメだったでしょうね?

当たり前のことですけど。

でも「臭いお姉さんがいい匂いになったら好きですか?」だったら、もしかしたら興味を持ってくれる女性も多かったかもしれません。

また、自分の彼女や奥さんがくさかったとしたら、いい匂いになってほしいと願っている彼氏や旦那さんもいたかもしれませんね。

話は変わって、男性も加齢臭で悩むということをよく聞きます。

彼氏というのは歳をとるとだんだんと体のニュースきつくなること言うのですが、

女性よりも男性の方が明らかに匂ってくるということで、よく「男性には加齢臭が」という言い方をしますよね。

頭の髪の毛も同じことが言えて、男性の場合は年とともに薄くなってきて女性の場合はそれほど目立たないですよね?

加齢臭や髪の毛の量は男性特有のものだと考えがちですが、最近では女性も加齢臭や髪の毛が薄くなってくることが目立ってきてると思うのです。

自分がそうなってきたから余計に感じるのかもしれませんけど。

でもこれって加齢臭対策として女性は意外と悩んでるのでは無いかと思っています。男性ならば色々な商品が販売されているので対処できるかもしれませんが、女性の場合はそれほど多くありませんのでなかなか大変だと思います。しかもデリケートゾーンなんてなかなか・・・。

だからこそ私は一生懸命探したいと思っているのです。

 

 

 

 

自分の体臭に負けそう

自分でも薄々気付いていたのです。

においがきついということを。

20代の後半あたりからなんだか私自身がすごくにおっているということを感じ始めました。

これって本当に辛いですよね。

私は運良く30代前半に結婚することができた良かったのですが、

それでも体臭がひどく、夫がよく我慢してくれているなあと思うぐらいです。

しかも、特にデリケートゾーンのにおいに関しては自分でも衝撃的なぐらいにおいがきついので、これでよく体を求めてくるなと思うぐらいです。

正直言ってお風呂に入ってすぐでないと求めてきて欲しくないと言う位。

というよりも、むしろ私自身が彼に申し訳ないと思うぐらい臭いがきついのです。

女性って側を通るだけで、なんだか石鹸のような香りがするというか、いい匂いがするっていうのを男性からよく聞きます。

しかし私自身はそういったにおいがまったくしないはずなのです。

むしろ私のそばを通ると臭くてたまらない。

それぐらい自己嫌悪に陥っているのです。

どんなに香水を振りまいても、お風呂で石鹸でゴシゴシとこすってもだめなんですよね。

いいものを買っても香水のきついものを買っても、それが自分自身の体臭とまざり合うと最悪のにおいとなってくるのです。

 

特に香水と体臭の相性ってすごく私は勘違いしていました。それまでは少し強めの香水でごまかせるって思っていたのですが、やっぱりこれって大きな誤りみたいです。

少し調べてみたのですが、同じ悩みを抱えてる女性ってすごく多いみたい。。。たとえばこちらの女性向けのブログ、体臭に悩む女性のための専用石鹸なども紹介してくれています。

 

少しエッチな情報も書かれているので、嫌悪感を感じる女性もいるかもしれないなって思ったのですが、それでも私にとってはすごく勉強になりました。

だからこそ私は自分のにおいについてもっともっと勉強していきたいと思うようになったんです。

これからはもっともっと自分自身を磨いていこうと思っています。

そして臭い対策もだんだんとできるようになると信じています。