臭いをいい味に

においに対して神経質になる、でもかきましたが中年になってくると皮脂は過剰分泌になり、においが強くなるということでしたね。

だいたい皮脂が過剰分泌するということ自体が体の機能が少しずつがたがきているという事でしょう。

年齢とともににおってくるというのも年齢とともに老いてきていると言うことかもしれません。

歳をとってくるとそういったところに、がたがきてだめになってくるという声を聞きますが、若い時とは違って対策のいくつかをしっかりと見つけて、経験がありますのでしっかりと落ちついて対策を立てていけばよいわけです。

若い時には出来ない事を年取った今だからこそ、やらなければならないことを一つ一つ解決していきましょう。

食生活を見直すこと。

ジャムウハーバルソープを使うこと。

それによって衛生的にきれいに保つということ

です。そして保湿性を使ってなるべく乾燥肌から身を守ることも大切です。

皮膚の過剰分泌がにおいの元になっているのなら、過剰分泌をしないように心がけることが大切です。

歳をとるということが経験違うのです。その経験の差を生かしていけばいいわけです。またちがった考え方ですが、歳をとればその人の味というのが出てきます。

あの人のにおいにはとても味がある、そういう風に言われたら勝ちですものね。そう言われたいものです。

女性でも貫禄のある人にはきっといい匂いがしている、つまりいい味を出していると私は思っています。