ジャンバーをかけた時の匂い

加齢臭というよりも、もっと限定して見た場合、体臭が感じられるのです。

食生活を見直すと治ってくるという話をしましたが、やっぱり忘年会や新年会の時期になると暴飲暴食とまでいかなくても、肉をとる食事になってきますね?

そうなってくるとやっぱりにおいが出てくるのです。

加齢臭とはよく言ったもので、歳をとってくると本当ににおいが感じられる。

これは本当に気分の悪いものです、

しかも体臭として存在するのがたまらなく嫌です。

それが感じ取るのは自分の体からにおいが発するのならまだしも、

自分では分からないことが腹が立つのです。

ではどのようにして自分の体からにおっている、つまりくさいと感じ取れるかといえば、来ている服を洋服ダンスにかけたときにぷーんと匂ってくるのがたまらないです。

男の人なら肉体労働などをしていて、汗をかいてそれがにおうならわかるのです。

しかし私の場合は別に汗をかくような仕事してるわけでもないにもかかわらず、ジャンパーやコートをたんすにかけたときに匂ってくるときは、自分自身でいやになります。

まして香水などをふりかけて大衆と混ざると耐えられるものではありません。

これってクリーニングに出した時の店員さんなんか、「なんだこの人は?」と

思うでしょうね。

だから余計にクリーニングに出すの億劫になってしまいます。

本当にどうしたらいいのでしょうね。

毎日シャワーをたっぷり浴び続けているのですけれども、体臭だけは治りませんね。