においに対して神経質になる

そもそも内側からも外側からもなぜにおいがするのか?

しかも年齢を重ねれば重ねるほど、なぜ加齢臭というものが進んでいくかしりたかったので、これについてちょっと調べてみました。

どうやら皮脂過剰分泌というものが臭いの元となっているようです。

体をきちんとあらえていないのかといえば、そうでもなさそうです。しっかり体を洗えば洗うほど毛穴が開き、その分乾燥肌になって、皮脂の分泌が活発化してしまうので、むしろ逆効果と言うことになってしまうでしょうか。

とりあえずわかった事は若いときの身体とは違うということですよ。

保湿成分とよく言いますがしっかりと保湿対策をすることが私たちにとっては必要な行為なのかもしれません。

それはすごく大事ですし、本当は一番大事なのかもしれませんが、こういった体の仕組み、とくに中年になってからどういった体の変化がおこっているのかということをしっかりと知っておくことも大切だということがわかりました。

やっぱり人生は最後まで勉強だということですよね

自分の体は自分がいちばんよく知っているといいますが、まさか皮脂の過剰分泌なんて意識しているひとってそういないでしょ?

特に男性とは違って女性の場合は体は臭わないものだと思っているかもしれません。現代社会の食生活やいろんな状況を見てみると、もはや男の人と変わらないのかもしれません。

女性ももっとにおいに対して神経質にならなければいけないのかもしれませんね。