まとめとして

においについて私なりにまとめてみました。体からにおいがするといっても何も体全身から匂ってくるわけではありません。

どこかしらから、においがするわけですがそこを特定してみたいと思います。

まずは私のようにデリケートゾーンからにおいがする場合、それはおそらく生理を経験されている方なら当たり前のようにしっていると思いますが、本当に不快ですよね。

その他に言えば耳の後ろなどもすごくにおうと言う話です。

めがねが不可欠だという人なら眼鏡をかけている部分を匂ってみて下さい。

そこの部分がにおう場合はいわゆる加齢臭があるのかもしれません。

意外と体洗うときそこを意識しているひとは少ないと思いますが、そういった面でもにおいがたまりやすいと言えるのです。

体からの分泌物そこからでていることも、1つの要因となっているようです。

他にも頭皮がにおってくるということもあります。

なつなど汗をかいてときに頭のにおいが気になって仕方がないと言う人がいますが、別に汗をかかない時期でも頭が匂ってくることがあります。

これこそまさに加齢臭ですね。

皮膚の分泌量が異常になってきたときに、加齢臭が起こるということを前にも書きましたが、正しく頭皮などもそういった事、つまりやすい状況ですので匂ってくるのでしょう。

 

清潔にしてたらにおいがすぐになくなるというわけではありません。

やはり皮脂の過剰分泌などはどうしようもありません。

においの原因をたつためにも毎日しっかりとケアをしなければならないということです。歳をとるということはケアの回数が増える。

そう思っていてもいいかもしれませんね。

 

 

.

素敵なおかみさんのように

においというのは本当ににくいもので、匂うというのと臭うというのでは全く印象が違います。

若い女の子がそばを通ったときにすごくいい香りがするといった場合は匂うということになるのでしょうけど、私たちが加齢臭ようにそばを通って時に臭う不快な臭いはまさしく臭うに他ならないわけです。

 

だからいろいろなものを使ってどのような対策をとるかということにもよりますが、ような若い時のこのように匂うにかえることはできなかったとしても、臭うというものそのもの自体を極力なくすように心がけていかなければならないということですね。

女子校にいくと、とても匂うと言うことを聞きます。

この場合の匂いはおそらくよいほうの匂いではなくて、悪いほうのにおいということになります。良い匂いも集まってしまうと悪いにおいになってしまう、それがいい典型例だと思っています。

例えば香水でも少しの場合はいい匂いですが、それがたくさんかけすぎると悪臭しかないのはまさしくその通りだと思います。

ですので私たちの加齢臭もへたにさえつけてしまうのではなく、少しだけにおうと言う感覚にした匂いにすれば、前にも申し上げた通りいい味になってくるのかなと思っています。

だって、旅館の女将さんなんてとてもいいにおいをしていますものね。

貫禄ってとてもいいなと思います。

私も歳を重ねて臭いを消すよりも、いい匂いをだせる素敵な女性になりたいなと思っています。なれるのかなぁ。。。

臭いをいい味に

においに対して神経質になる、でもかきましたが中年になってくると皮脂は過剰分泌になり、においが強くなるということでしたね。

だいたい皮脂が過剰分泌するということ自体が体の機能が少しずつがたがきているという事でしょう。

年齢とともににおってくるというのも年齢とともに老いてきていると言うことかもしれません。

歳をとってくるとそういったところに、がたがきてだめになってくるという声を聞きますが、若い時とは違って対策のいくつかをしっかりと見つけて、経験がありますのでしっかりと落ちついて対策を立てていけばよいわけです。

若い時には出来ない事を年取った今だからこそ、やらなければならないことを一つ一つ解決していきましょう。

食生活を見直すこと。

ジャムウハーバルソープを使うこと。

それによって衛生的にきれいに保つということ

です。そして保湿性を使ってなるべく乾燥肌から身を守ることも大切です。

皮膚の過剰分泌がにおいの元になっているのなら、過剰分泌をしないように心がけることが大切です。

歳をとるということが経験違うのです。その経験の差を生かしていけばいいわけです。またちがった考え方ですが、歳をとればその人の味というのが出てきます。

あの人のにおいにはとても味がある、そういう風に言われたら勝ちですものね。そう言われたいものです。

女性でも貫禄のある人にはきっといい匂いがしている、つまりいい味を出していると私は思っています。

においに対して神経質になる

そもそも内側からも外側からもなぜにおいがするのか?

しかも年齢を重ねれば重ねるほど、なぜ加齢臭というものが進んでいくかしりたかったので、これについてちょっと調べてみました。

どうやら皮脂過剰分泌というものが臭いの元となっているようです。

体をきちんとあらえていないのかといえば、そうでもなさそうです。しっかり体を洗えば洗うほど毛穴が開き、その分乾燥肌になって、皮脂の分泌が活発化してしまうので、むしろ逆効果と言うことになってしまうでしょうか。

とりあえずわかった事は若いときの身体とは違うということですよ。

保湿成分とよく言いますがしっかりと保湿対策をすることが私たちにとっては必要な行為なのかもしれません。

それはすごく大事ですし、本当は一番大事なのかもしれませんが、こういった体の仕組み、とくに中年になってからどういった体の変化がおこっているのかということをしっかりと知っておくことも大切だということがわかりました。

やっぱり人生は最後まで勉強だということですよね

自分の体は自分がいちばんよく知っているといいますが、まさか皮脂の過剰分泌なんて意識しているひとってそういないでしょ?

特に男性とは違って女性の場合は体は臭わないものだと思っているかもしれません。現代社会の食生活やいろんな状況を見てみると、もはや男の人と変わらないのかもしれません。

女性ももっとにおいに対して神経質にならなければいけないのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

生理の匂いも気にならない

ジャムウハーバルソープを使ってからというもの、本当に臭いのもともなくなったというか、ありがたい限りです。

女性が使っているにおいが取れる石鹸のナンバー1になるだけはあります。

是非とも使ってみてください。それは凄いですよ。

他にも私が使った中で、「珠玉の泡」と言った商品もあります。

これもしっかりにおいを落としてくれて、しかも女性とっては美しくなる成分が配合されていますので、においをしっかりととってなおかつ女性らしさもアピールしたい場合にはこの石鹸を使うのが最もオススメです。

しかし私自身が臭い云々を焦点において考えていましたので、ジャムウハーバルソープが1番合うなと思いました。

前にも書きましたが臭いの原因は外側ではなく、内側からあるものだと考えていますのでジャムウハーバルソープを使ってとりあえず外側の臭いなくすことに成功しました。

夏場などは特に威力を発揮しますよね。

汗と混じってかなりにおいを発するのですが、そういったものも全てシャットダウンするのですから凄いです。

 

デリケートゾーンのにおいもきっぱりとなくなったですからまさに驚きですよ。

女性は生理のためにナプキンをつけて生理対策をするのですが、ある程度歳をとってくるとこの生理そのものにも非常に匂ってくるのでとても辛いです。においをとるだけでなく、衛生的にも非常に良いのでこの石鹸をを使う価値はぐんぐん上がってきます。

生理特有の匂いで悩んでいる方も是非この石鹸を使ってみて下さい。

感動しますよ。

 

 

 

実感しました!

ジャムウハーバルソープを使って、石鹸の効果を実感

何よりもやさしい石鹸で、これだけの効力を発揮してくれるかと思いました。

しかし、これほど力強く頼りになる石鹸なんて無いと、使ってみて本当に感じました。

今まで使ってきた石鹸には、臭いをねこそぎとるとかうたっていたとしても、これほど強い効果を出してくれた商品がなかったのですが、まるでか細い女性が男性のような力持ち、そんなイメージを与えてくれたのです。

よくよく使ってみて分かったことなのですが、日本人にあう石鹸として販売されているのですべてがあという事はありません。これにはびっくりしました。

まるで体がどんどんと美しくなっていくそんな感じがしたんです。

私自身は美しくなるとは思っていません。体がどんどんの浄化されていくという、そういった感じがすごくすごく嬉しいのです。

本音を言ってしまうと、今までにおっていたのかしら!?と思うぐらいなのよ。

もう!でしょう?

それぐらい効果が出ているということなのですよ。

インドネシアの方に本当に脱帽です。

そしてインターネットで調べてみると、なんとさらにびっくりしたのですが

ジャムウ石鹸って実はたくさん出ているのですね。

そしてさらにびっくりしたのは日本人にあうジャムウソープを使うないと意味がないと書いてあったのです。これもびっくりしました。私はこの石鹸がピッタリ合ったので、日本人に合う石鹸だということまでは意識していませんでしたが、それこそまさに良かったということなのでしょう。

これであわなければとてもつかえないものだと思っていたと思うと、ぞっとします。

 

 

 

 

石鹸の効果を実感

さてさて、私が使った石鹸についてご説明しましょう。

ジャムウハーバルソープという商品を見つけたのです。

値段も手ごろですので女性の方でもすんなりと買いやすいのだと思います。

主婦ってそれほどお金をかけれないのですが、石鹸ならばそれほど高いわけではありませんし、むしろ安く手に入れますので、是非ひとつ購入されては良いでしょう。

下手に香水を買ってにおいを消すよりもこれを買う方がずっとお得ですよ。

さて石鹸がいかなるものかということについて説明しなければいけませんね。

これってもともとインドネシアなどで使われている商品で、地元の人たちもこれでにおいを取っていたというのですから驚きです。

あくまで偏見なのですが、ああいいう暑い国で育っている人たちは、においがきついに違いありません。そういう人たちの臭いをしっかりととっているのですから

これも非常に期待できます。

外側からにおいを消すためにも努力しなければいけないんですが、このハーブソープは本当にありがたいですね。

実際ににおいがきえたというよりも、徐々に薄まっていくという感覚でしょうか。

タンスに洋服をかけたときに、今までだったらにおいがしていたのが、なくなってきたので本当に嬉しいですよ。何よりこれがいちばんうれしいかも。

寝室を開けたときは、自分の口の、または息の匂いなどがあるから必ずしも体臭とは限らないのですが、ダンスからの臭いがなくなったのは本当に嬉しかったです、

成功ですね。

 

明日人をおかけで
がほとんどが降っていることに気づきました

 

 

 

においが消える石鹸を発見!

ジャンバーをかけたときのにおい

は洋服ダンスはかけたときのにおいですよね?

他の女の方はどうやってにおいをけしているでしょうか?

それを思ったときに根本的に他の女性は体臭なんてないのでしょうか?

例えば寝室などで朝起きた時に、一旦部屋を出てまたその寝室に戻ってきたときに

自分のにおいで気分が悪くなったことってないですか?

それが自分の体臭なのですが、嫌になった気分、不快になった気分は感じたことがあるでしょう。

もしみんなが同じような立場であったら、何とかその体臭をけしたいと思っているはずですし、対策をしているはずです。それを教えてほしいぐらいです

インターネットでいろいろ調べてみると、そういった体臭を抑える石鹸が売られているみたいです。これを購入してみよっと。

これを使ってにおいが消えるなら最高です。

もちろん体の内側からにおい対策をしなければならないということは重々承知しています。

それに対する対策をしなければいけませんが、お風呂に入ってるときにはこれを使ってみたいものです。値段を見てみたらそれほど高いわけでもありません。仮にこれを扱って失敗したとしても、その値段だけのリスクですからいちどつかってみよ。

それで効果が出てくれればそれで御の字ですからね

よければここでも大々的に宣伝しよう。

そうだ、それがいちばんいいです。

いいものを宣伝してみんなに知ってもらなければいけないですから。

臭いがとれてくれればありがたいんだけど。

 

 

ジャンバーをかけた時の匂い

加齢臭というよりも、もっと限定して見た場合、体臭が感じられるのです。

食生活を見直すと治ってくるという話をしましたが、やっぱり忘年会や新年会の時期になると暴飲暴食とまでいかなくても、肉をとる食事になってきますね?

そうなってくるとやっぱりにおいが出てくるのです。

加齢臭とはよく言ったもので、歳をとってくると本当ににおいが感じられる。

これは本当に気分の悪いものです、

しかも体臭として存在するのがたまらなく嫌です。

それが感じ取るのは自分の体からにおいが発するのならまだしも、

自分では分からないことが腹が立つのです。

ではどのようにして自分の体からにおっている、つまりくさいと感じ取れるかといえば、来ている服を洋服ダンスにかけたときにぷーんと匂ってくるのがたまらないです。

男の人なら肉体労働などをしていて、汗をかいてそれがにおうならわかるのです。

しかし私の場合は別に汗をかくような仕事してるわけでもないにもかかわらず、ジャンパーやコートをたんすにかけたときに匂ってくるときは、自分自身でいやになります。

まして香水などをふりかけて大衆と混ざると耐えられるものではありません。

これってクリーニングに出した時の店員さんなんか、「なんだこの人は?」と

思うでしょうね。

だから余計にクリーニングに出すの億劫になってしまいます。

本当にどうしたらいいのでしょうね。

毎日シャワーをたっぷり浴び続けているのですけれども、体臭だけは治りませんね。

 

 

 

 

プラスアルファの対策を

でもね。私あることに最近気づいてきたのです。肉中心の食生活を見直せば加齢臭もきっとなくなると思っていたのです。

これはむしろ当たっていると思うのです。

実際ににおいはなくなってきているのですから。

でもデリケートゾーンの匂いだけはなぜか取れないのです。

野菜中心の生活をしていて、本当に体からにおいがなくなったということが私自身も感じ取れていますし、

他の方に聞いてみてもにおいなんて全く感じないよと言われるようになりました。

これはすごく嬉しいのですが、全く変わらないのがデリケートゾーンのにおいなのです。

トイレに行った時ナプキンをかえたりするとこのデリケートゾーンだけが本当ににおってくるのですぐにわかります。

どちらかというと単純ににおいだけならそれほど気にならないですし、それこそ香水をふりかけておけばすむ話なのかもしれませんが、

そういった抑制するにおいだけで済むのではなく、どちらかというとお魚屋さんにいるかのような腐った魚のにおいですので、これはたまったものではありません。

本当に自分じゃなければいいのにと思うほど、嫌なにおいを感じられるのです。

食生活と関係ないのかしら?

もしくは関係あるのかしら?

はっきり言ってへこんでしまいます。

だって対策のたてようがないのですから。

においのしないものを食べるというだけではなく、プラスアルファ頑張っていかなければならないということですよね?

これって本当に辛いです。プラスアルファ頑張っていかなければならないということですよって

 

 

誰か良い解決方法知らないかしら。